クリスティアーノ・ロナウドが残留宣言! - 世界のサッカーをYouTube動画で楽しむ!

クリスティアーノ・ロナウドが残留宣言!


マンチェスター・シティがクリスティアーノ・ロナウドを獲得するために移籍金195億円用意し、それに対し
てすぐさまレアル・マドリードが移籍金を1154億円に設定し、世界中から失笑を買いましたが、当の本人は
レアル・マドリードで現役生活を終えたいとラジオ番組に出演したさいに語ったようです。


「転載開始:SOCCER KING」

『C・ロナウドが残留宣言「レアルと10年以上の契約を結びたい」』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110614-00000318-soccerk-socc


レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがラジオ『Cadena Cope』の番組に
出演し、10−11シーズンや新シーズンについて振り返った。


「10−11シーズンは10点満点で8〜9を与えられると思う。17年ぶりにコパ・デル・レイというタイトル
を獲得したし、大事なシーズンだった。でも満足しているとかといえば物足りないよ。すべての
タイトルを獲得できるほどのポテンシャルがチームにあったんだからね」


「新しいシーズンではみんながひとつになって大きな勝利を得られると望んでいるよ。自分も確信して
いるし、監督もそうだろう。そして僕たちはタイトルを目指す。すべて勝ち取れるポテンシャルがあるんだ」


また、自身の将来については、レアル・マドリードで長くキャリアを送っていきたいとの考えを示している。


「少なくとも現時点ではマドリードを去ろうなんて思わない。バルセロナではなく、マドリードを選んだの
にも何か理由がある。楽しく過ごせているし、人々との関係も良好だ。自分で決められるのであれば、10年
以上の契約を結ぶだろうし、現役を終えても良いと思っている。お金は重要ではなく、契約を全うしたいんだ」

「転載終了」

これだけはっきり言われてしまえば、さすがのマンチェスター・シティも手が出せないと思うのですが、
もし移籍金1200億円を用意したら一体世界はどうなってしまうのか心配です。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。